簡単な脱毛方法

一番身近な脱毛方法といえばシェービングです。顔なんかは、多くの人が使っているんじゃないでしょうか。良い点を挙げると入浴や洗顔の際に一緒にできる、簡単といったところです。毛というのも意外に厄介なもので、眉やまつ毛、頭髪は早くから自然と後退してしまいますが、脇や足の毛は長いこと元気なままです

シェービングも何度もしているうちに毛が薄くなるのは眉だけで、他は一時だけ皮膚表面から顔を出した部分を切り取り、その毛穴の中は全くダメージを受けず、また伸びてくるので毛そのものにとってはただカットしている状態である上に、デメリットもあって、皮膚の一番上の角質も剥がれてしまいます

炎症の原因にもなるし、皮膚の弱い人は角質が硬くなってカサついてしまい、毛穴を角質が覆うようにできあがり、埋れ毛も多くなり、色素沈着を起こしてシミになる事も少なくありません。脇毛を剃っていたという人で、脇の下全体が黒くなっている人がいます。そうなると、せっかく毛を処理した肌も美しくありません

そして、シェービングは簡単で身近な脱毛方法なだけに衛生状態もさほど気にかけないままいつも使うカミソリをお使いかと思いますが、実はカミソリも意外と雑菌が付いていて、それで皮膚表面の角質も剃るので小さな傷にも細菌が入り、炎症となるのです。

とても簡単で使いやすい物ですが、あくまでも毛を剃るだけでなく敏感になった皮膚に直接触れる物だとふまえて清潔に管理すると良いでしょう。ソープを泡立てて剃っていても剃りきれなかった毛を剃るまで何度かカミソリを当てているので思いのほか剥がされる角質も厚く、シェービング後の肌はとても敏感なので、本来なら保湿と鎮静が必要なのです。

ワックス脱毛

ワックス脱毛というと、毛の多い箇所にシートを貼ってから勢いよくベリッ!と剥がす方法を思い浮かべるかと思いますが、まさにそうです。エステでワックスをする場合は、温めたワックスを肌に塗布してワックスペーパーを軽く押し当ててサッと剥がします

毛根から根こそぎ抜けますが一時的な脱毛なので定期的な施術が必要です。自宅でも簡単にできるように温め不要のワックス脱毛キットもありますが、塗布してから乾かして剥がすタイプの物が多く、本来であればワックスを乾くまで時間を置くのは皮膚が深く剥がれやすくなるため直ぐに剥がさなくてはなりません

そして技術的にも難しく、あまり出回らないようです。エステの脱毛は昔は高かったのでワックス脱毛と永久脱毛を併用していた時には特に広い箇所のワックスが主流で全盛期でした。今はエステの脱毛も安いためワックス脱毛はあまり聞かなくなりましたが、最近ではブラジリアンワックスという脱毛方法が話題になりました。

VIOラインといってアンダーヘアの脱毛なのですが、ほとんどすべてのアンダーヘアを取り除く目的のものです。ここで分かるのが、光脱毛やレーザー脱毛は粘膜には向かないということです。大陰唇や肛門の周り、会陰には色素があるのでヤケドの原因にもなりますが、ワックスならその心配もありません。

そのブラジリアンワックスはブラジルが発祥とされていますが、外国人は毛の色素が薄い人もいれば肌の色素が濃い人もいて、刺青も珍しくありません。ワックス脱毛は色素の薄い毛も刺青のある箇所にも対応できる脱毛方法なのです。

そして一度の処理でツルツルになるため、外国では非常にポピュラーな脱毛方法とも言えます。日本人の肌は弱いので、ワックス脱毛には向きません。毛と一緒に一番上の角質も剥がれるので肌はスベスベになりますが、びっくりした肌はまた角質を厚く作り、次に生える時には埋没毛といって毛が皮膚から出られない状態になることが多いのです。

効果ありそうな家庭用脱毛器

ずいぶんと昔から家庭用レーザー脱毛器は存在しました。効果のほどはわかりませんが、エステは敷居が高くてなかなか難しい時代の時はそこそこ売れたのではないでしょうか。雑誌の最後の方のページで宣伝し、目線を隠した写真が小さく掲載されて『使用者の声』といった使用感想文には毛深かった私は今は脚も腕もツルツルになって喜んでます!と、胡散臭さと少し惹かれるものを感じた覚えがあります

現在の脱毛方法はエステサロンかクリニックで医療レーザーかというように、ほとんど二択であり、価格的にもサロンとクリニックでは差はあるものの通うペースも似たようなものですし、まあ何とか払えなくもない額なので家庭用脱毛器は若干出番が少ない時代なのでは?といった印象です。それでもなお進化を続けて根強く存在している家庭用脱毛器、本当に効果はあるのか?というのが一番の疑問です。そして次に、これだけ外で安く脱毛できるのに何故わざわざ家庭用脱毛器を買うのか?ということも。

家庭用脱毛器は様々なタイプの物があり価格も幅広く、どれも決して「これに賭けてみよう」という額ではありません。しかし公式ホームページの口コミだけでなく、色んな掲示板をチェックすると、一番メジャーなケノンの効果は捨てたものではないなという印象です。光りの出力は小さそうなものの、家庭用と言えどカートリッジの交換が必要だったりと本格的です。 エステで扱っていた脱毛器は、機械その物が非常に大きく、肌に当てる機材だけでなくハンドピースから全部が消耗品です。本当に効果がある光りを出す脱毛器なら、そのくらいの備品が付いて回って当たり前なのです。

光りを当てる際に肌に当てる部分のハンドピースのほぼ先端部分にはフィルターがあり、それは機械から照射する光りの中の有害な光線を通さない役割をするのですが、フィルター交換が不要な光り脱毛の機械なら相当弱い光りと言えます。しかしケノンはカートリッジの(フィルター込み)別売りをしていることから、それ相当な出力が期待できると思います。照射する光りはそれなりの威力が必要なので本体もある程度大きくなくてはなりません。ケノンは少し野暮ったく大きいのにも納得します。

エステやクリニックのように強い光りではないだけに使用する回数が多くても良いようですが、照射してから一週間ほどで毛がポロポロ抜け出すとあるので、まさにエステで使う光り脱毛の家庭用とみても良いでしょう。それなら、使用頻度を守って安全に使えば時間はかかるものの効果はありそうです。価格も10万はいかないにしろ少し高く感じますが、ヒザ下、ヒジ下とサロンやクリニックで脱毛すればもっと高くつきます。ケノンなら消耗品の交換をしてメンテナンスしながら使えば広範囲の脱毛も実現できるのではないでしょうか。


初めてでも安心の1050円で脱毛エステ体験が出来る