Vラインのムダ毛処理は難しい

水着になる時ぐらいでしょうか?Vラインのムダ毛が気になるのは・・・。私の場合ですが、お風呂の時はそんなに気にならないですが、やはり男性の目もあることはもちろん、水着で隠しているはずの部分がはみ出ている状態は相当恥ずかしいものがあります。

私も気になって何度か自分で処理したのですが相当難しいのがVラインのムダ毛処理です。良く考えればかなりデリケートな部分。当然皮膚もデリケートですが、それに反して毛は太い。ムダ毛処理が難しいのも仕方ありません。

着れる水着の種類が増える

Vラインをしっかり脱毛したら着れる水着の幅が広がります。普通の水着はもちろんの事、すこしセクシーな水着だって堂々と着用することが出来ます。ムダ毛のせいで、着たい水着が着れないなんて最悪です。

そんなセクシーな水着を着たら自分に自信が持てるようになるのでは?私も今年はしっかりムダ毛処理をして、着たい水着を買いに行きたいと思います。ムダ毛の事を気にしないで!

もちろん水着と同様に下着だってオシャレでかわいい下着を選び放題。はみ出る心配がいらなくなればセクシーな下着も着れるようになるのです。

Vラインの脱毛はメジャー

Vラインの脱毛は脇に次いで多いそうです。海外ではもはや常識になっているみたいで日本でもすでに脱毛エスで人気の部位になっています。私も最初は恥ずかしいですが、それだけ多くの人が処理しているので恥ずかしがる必要はなさそうですね!

特に自分で処理するのは難しい場所でもありますので安心して脱毛するためにはプロに任せ、さらにしっかりとした脱毛エステを選びたいものです。人気の部位だけに、どこの脱毛エステにもビキニライン、Vラインのコースは用意されているみたいです。

恥ずかしいことはないvio脱毛

個人的な意見ですが、エステに勤めだした頃から「どうしてVライン脱毛はあっても際どい部分の脱毛はないのだろうか??」と不思議でした。もちろん脱毛を施術する側としては「粘膜は脱毛できない」という掟はあったものの、どうしても!というお客様には施術していましたし、スタッフも、そんなお客様に対して変とも何とも思いませんでした。むしろ、「良いなぁ!私もしようかな」ぐらい。

そもそもvio脱毛は、流行り出したのが脱毛が安くできるようになってからでしょうか。安くなると同時に、広範囲で脱毛契約をするようになり、ついでにvioも…というように、実は一番脱毛したかった箇所としてメジャーとなったように見えます。

国民性なのか、今すぐ水着になれと言われたら困る割りに、世界各国で行われているアンダーヘアの脱毛に対して消極的というか、そこは自分で何とかするといった心境で、他人の手を加えてまで脱毛する箇所ではなかった…といった感じでしょうか。

ブラジリアンワックスという方法が先か、vio脱毛という言葉が先か、はたまたハイジニーナ脱毛という言葉が先かは分かりませんが、大差ないタイミングで世に出てきたことから、ほとんどの人は「なんだ。その辺は皆ボーボーなのか」とホッとしたに違いありません。それと同時に皆vio脱毛をするサロンに飛び付いたのでしょう。

そのvioは、どの脱毛方法が一番良いか?となると、ブラジリアンワックスよりも光り脱毛が良いでしょう。とある映画を見ていると外人が「アソコの毛をポルノ風に剃ってみた」というセリフが出てきます。そして、だいぶ前ですが外国人タレントが「アソコの毛を好きな形に整えて剃るサロンがある」と発言していましたが、確かに美意識が高いのはいいことです。

しかし、他人の手を加えてまで処理するからには、やはりワックスや剃毛では少し頼りないといいますか、たま脱毛に足を運んで下半身を露わにしてしまうのもいかがなものか?とも思うのです。それこそ国民性でしょうか。永久脱毛、もしくはしばらく生えてこないような手段で脱毛したいに決まってます。そこで、永久脱毛ではないにしろ現在メジャーになっている光り脱毛が打ってつけであり、だから今vioラインの脱毛が浸透してきたのでしょう。

とは言え、お客様は2ヶ月に一回だろうと一年に一回だろうと恥ずかしいとは思います。そこの脱毛が最近まで浸透していなかっただけに。ですが、施術する側は何とも思っていません。むしろvioは狭い範囲なので売り上げとしては少なく、あわよくば背中やヒザ上の脱毛の契約に繋がらないかと考えて機会を伺っています。この狭い範囲を施術中に、いかに他の箇所の脱毛に興味がないか話を持っていこうと必死なのです。

広範囲で脱毛してもらえるVライン

vio脱毛は最近になってやっとメジャーな脱毛箇所になってきましたが、Vラインはそこそこ前からメジャーまではいかないにしろ、珍しくもなかったように思います。しかし、恥ずかしがり屋な日本人はなかなかVライン脱毛には手が伸びなかったのでしょうか。ですが、一本一本毛穴に針を挿入する脱毛方法が廃ってきて、通う頻度も少なくなった頃からVライン脱毛の需要が一気に上がりました。Vラインが毛深いという深刻さよりも、じっくり見せたくなかったのでしょう

Vラインと言っても、それは単にショーツから無駄に陰毛が見えるどころか出て生えていることからそう言われるのですが、実はVラインという生易しいものではありません。一本一本毛穴に針を挿入する脱毛方法がメジャーだった頃はショーツから出ている範囲だけを処理していましたが、簡単で低価格になった今は違います。アンダーヘアはワキ毛同様に根強いし、突拍子のない所にまで顔を出していることも多いので処理するには思ったよりも広範囲で行わなければなりません。ですから、今の光り脱毛はとても有効です

大抵の人は、アンダーヘアは中央に向かって生えています。それが、太ももの付け根やヘソ下などにも広がって生えている人は特に『Vラインだけ』脱毛をしても、少々不自然な仕上がりになるのです。というのも、中央に向かって毛は密集して濃くなっているので、生え際がくっきりとしてしまいます。それを脱毛完了後には自然な生え際を作るとなると、数回は全体に光りを照射して全体的な量を減らさなくてはなりません

それでは『Vライン』ではないのでは?とも思いますが、今は大抵のサロンで『Vラインだけ』ではなく、全体的に当てながら調整しているようです。もともとVライン脱毛契約の時にお客様からそのように相談された訳でもなく、どこのサロンでも暗黙の了解でVラインの時には『Vライン』だけではないのが通用するようです。(もしも店側で決まりがあったとしても、勇気を出して下半身を露わにしているお客様に「できません」とは言えないですから。)アンダーヘアの脱毛への抵抗や羞恥心の壁を越え、アンダーヘアの美意識が高まったというところでしょうか。

ただ、どんなに小規模にしながら生え際を自然にしたいといっても、思ったように自然に小規模にできるわけではありません。少しまだら模様になったり、もともと毛か密集して濃かった人はしばらく毛穴が鳥肌で残ることもあります。不自然に真っ白な人もいました。毛に護られて、摩擦知らずだったのでしょう。ですが、それも肌が毛の無い状態に慣れれば鳥肌も治まり、真っ白な肌も周りと同化してくるので心配ありません

iライン、oライン脱毛事情

iライン、oライン脱毛というのは、実はVライン脱毛よりも重要かもしれません。Vラインよりもiラインからはみ出た毛はショックが大きいし、oラインに毛が生えていれば無条件でケツ毛という不名誉なネーミングのムダ毛と共に生きている事になるのですから。出ている鼻毛に突っ込めないように、際どい所から出ている毛こそが本当の厄介なムダな毛なのです。ですから、おおいにiラインでもoラインでも脱毛して、見られたら困る毛を根絶させるのは賛成です。

事実、Tバック型のショーツになった時に手付かずのアンダーヘアでは見るも無惨な姿です。それは、自然に生えていた毛の形だとしても、ショーツから毛が出ては恥ずかしいという意識からくるからでしょう。つまり、ショーツは陰部を覆う物ではなく、陰毛も覆うという認識が強いのです。

そのi,oライン脱毛、今まで馴染みが薄かった脱毛箇所でしたが、そうでなくてもi部分は大陰唇、oラインは会陰という外性器に面しているか、もしくは外性器そのものですから粘液を分泌しなくても粘膜という場所であり、メラニン色素が含まれている場所なのです。よく、デリケートゾーンの黒ずみと言いますが、それは摩擦などで起こるメラニン色素の増殖であり、誰でもあります。

今サロンで主流となっている脱毛器はメラニンの色に反応して熱に変えて毛根にダメージを与えます。一気に毛を焼き払うほどの出力はないにしろi,oラインに照射すればメラニン色素に反応して肌も熱を感じるので火傷しやすいのです。実際に、危険だからということでi,oラインの脱毛を受け付けていないサロンもあります

小さな箇所ですが需要は高く多く良い売り上げになるのに、それでも受け付けないのですからきっと火傷の危険性は消費者が思うより高いに違いないということになります。そして、火傷こそ負わないものの特にiラインの毛は中央部分にいくほど根強く、しかも細かく縮れていることから分かるように毛穴自体がカーブした造りですから処理に時間がかかっているように思いました

光りが毛根に届いていないのか?とも。周りの皮膚の黒ずみで光りが散らばるのかもしれません。なので、私が見た例ではiラインは特に「まだこの毛残ってたのか!」という印象は強いです。とても進化したエステの脱毛機でもi,oラインの脱毛は手こずるので、医療レーザーの方がお勧めといえます。メラニン色素の多い薄い皮膚に脱毛の光りを照射するのですから、何かあった時にすぐに対応してもらえるクリニックで脱毛するべきですね。

ブラジリアンワックス脱毛で水着になる準備

ブラジリアンワックスは主にアンダーヘアに施すワックス脱毛で、ワックスの成分の名前ではなくブラジルが発祥ということで、その名がついたと言われています。ビキニワックスと呼ぶこともありますが、VラインだけでなくOライン、Iライン、恥丘も含めた箇所を脱毛する方法です。

ワックスなので一気に抜けて手っ取り早いし、何より水着からアンダーヘアが出る心配が不要なほど処理できるのが嬉しいところです。日本人にとっては特にIラインやOラインのムダ毛処理に関しては個人の秘密で、誰しもアンダーヘアを手付かずの状態のまま水着姿になることなどできないと知りながらも、一人として大っぴらにどのような脱毛を施しているかを明かさないまま夏には涼しい顔で水着姿になっていたのです。

そこへ大胆にもブラジリアンワックスという脱毛が浸透し始めたので少し驚いた人も多かったはずです。古典的なワックスという事も然り。ブラジリアンワックスの利点は、やはり手っ取り早さとフラッシュ脱毛で流行りのツルツル状態にして後悔してしまうこともなく、2〜3週間もすると生えそろう所でしょうか。水着を着る数日前に施術すればTバックの水着とまではいかないにしろ小さな三角ビキニも安心して披露できるのです。

しかし、盲点もあります。デリケートゾーンへのワックス脱毛は少々日本人の皮膚には不向きだということです。確かに、ケミカルピーリングだって海外からきたもので、外国の人にはメジャーや整形でも日本人の皮膚には強すぎ、現在日本で行われているケミカルピーリングは日本人の肌に合った薬品を用いています。ブラジリアンワックスは改良する事もなく名が知られるとともに需要も高まりましたが、やはり肌トラブルが多発しています。

あまり知識を持っていない技術者が施術したから…という見方もありますが、どんなに良い腕をお持ちでも、ほぼ性器のような所にワックス脱毛をして良かった皮膚かどうか…なのです。それほど日本人の皮膚は繊細なので、いざ水着姿を披露する時にビキニラインが真っ赤になっている可能性も高いということです。皮膚が弱いけれどブラジリアンワックスに興味があるなら、水着本番の数ヶ月前に一度受けてみると良いでしょう。準備はそこからです。

自然であり大敵な毛深いOライン事情

Oラインとは肛門を囲んだ箇所で、大抵の人は毛があります。そんなものは必要のない毛なのでムダ毛と言っても過言ではありません。肛門そのものは完全に粘膜ですが、かなり際どい線まで毛根は存在します。その皮膚は性器の大陰唇(Iライン)と同じ皮膚ですから毛が生えるのはもちろん、頑丈な陰毛ですから女性なら放置するわけにはいきませんね。

ブラジリアンワックスはずいぶんと前からメジャーになりつつあり、誰もが一度は聞いたことがあると思います。ブラジル人がよく着用するTバックからムダ毛が見えないようにというのが発祥ということですから、あんなに開放的な国民性を持つ人達もOラインの毛は嫌なのでしょう。

ブラジリアンワックスというだけにワックス脱毛であり、毛自体はただ抜かれただけですから当然また生えてきます。ここはブラジル人と日本人の差で、恥ずかしい思いをするのは極力少なくしたいというのが強く、だいたい3週間もすればまた生え揃うブラジリアンワックスでのハイジニーナ(VIOライン)脱毛は日本でそれほど流行ることはなく、現在の脱毛方法が主流となってからハイジニーナ脱毛が盛んとなりました。

しかし、Oラインのムダ毛に悩む人は今も昔も変わらず、少なからずエステに通う人さえいました。ブラジリアンワックスと称した物ではない頃から足繁くワックスとエピレーザーを当てに通う人、針で一本一本処理する永久脱毛に通う人、当時は「美意識が高い人なんだな」としか思いませんでしたが、そんな訳はなく脱毛方法が簡単になった途端多くの人が飛び付きました

ただ、昔と当時と変わらないのが脱毛を施す側の人間です。あくまで脱毛箇所としか見ていないし、むしろシャイな日本人は他人の毛深いハイジニーナを見てホッとしたりもするのです。そして、手際良く処理して早く恥ずかしいであろう施術から解放してあげたくて仕方ないのです。そしてあわよくば、他に脱毛したいところはないか、その契約を頂けないかを探りたくて仕方ないのです。

ともあれOラインのムダ毛とは、嬉しい人は皆無でありながらなかなか処理へ行きにくいのが現状であり、国民性から見てもそれは変わることはないでしょう。その割りに退化することもなく、しぶとく生え続けるであろうOラインのムダ毛と闘いは、脱毛が簡単になったといえど終わることはなさそうです。


初めてでも安心の1050円で脱毛エステ体験が出来る